野球塾 知識を学んで楽しさアップ

ブックメーカーには野球がある

野球観戦

ブックメーカーは海外を中心に流行しているゲームです。イベントやスポーツなどにおいて勝敗を予想する遊びです。スポーツの中にも野球やサッカー、テニスなどあらゆる競技を取り揃えていますので、それぞれが得意なスポーツで勝負することができます。

日本で人気がアップしそうなのはプロ野球です。

そこで、今回は、ブックメーカーで野球の予想をすることについて説明していきます。野球で予想するということは、野球賭博をイメージするかもしれませんが、ブックメーカーは合法的なゲームですので、違法なものとは異なります。ですから、ブックメーカーを使って多くの人が予想を楽しんでいます。

賭けるからには勝率をあげて儲けたいと思うのですが、ただ単に予想するだけでは勝率が上がらないのは当然です。事前にしっかりと情報収集をして、最低限チームの調子と選手の状態は把握しておく必要があるでしょう。そうすることで、単なる予想ではなく、計画を持った予想となりますので、ある程度の勝率をのぞむことができるでしょう。

ただ一つ抑えておかなければいけないことは、これはあくまでもギャンブルですので、確実に儲かるというわけではありません。利用する際には投資の計画を持って遊ばなければいけないのです。

野球塾を読んでいる方も、時間と投資する資金に余裕があれば挑戦してみてください。プロ野球の楽しさがアップします。

投手が目指す完全試合

ピッチャー

野球をやっている人で投手であれば、一度はやってみたいと思うのが完全試合です。パーフェクトピッチングとも言われる事もあるのですが、日本のプロ野球での達成条件は、簡単に言えばだれも出塁をさせずに、9回を打者27人で終わらせるというのが、基本的な達成条件になっています。

ヒットやホームランが出れば当然無理になりますし、野手のエラーによる出塁や四死球による出塁も認められていません。ノーヒットノーランと呼ばれる記録は、エラーや四死球での出塁であれば、条件を満たしているという事になるので、どちらも偉大な記録といっても、完全試合に勝る投手の記録は皆無ともいえます。

また、このような条件である事から、必ずしも球界を代表するような選手がえきるとは限らず、投手個人の力はもちろん優れているに越したことはありませんが、自軍の守備がしっかりしている事も重要なポイントになります。

野球グローブ

過去に多くのノーヒットノーランや準パーフェクトピッチングを達成した投手は、多くいますが、完全試合に関していえば、わずか15人しか存在しません。しかも最新の達成が、1994年だというのだから達成をする難しさは別格といわれているのも理解できる事になります。

ブックメーカーでも、そのシーズンに完全試合があるかないかを予想するオッズがあります。オッズは日本のプロ野球よりもアメリカのメジャーリーグの方が多く用意されています。

8回まで記録継続や四死球1個だけという惜しい状態の記録は数限りなくあるのですが、いくらプロの投手がメンタル的に強いといっても、終盤にきて失敗をする事も多いのは、疲れもあるとは思いますが、やはり精神的な面もかなり左右してしまう大記録だといえます。